相談者はどのような悩みを抱えているか

当社に寄せられる相談は、様々です。
背後にある「スピリチュアルペイン」の存在は、寄り添ってみないと分かりませんが、

  1. 依頼者とその家族との深い信頼関係を得ることに最大限注力する。
  2. 訪問時、依頼者を尊重し、限りなくリラックスできる時間になるように務める。
    場合によっては依頼者が楽しめるアクティビティも用意
  3. 依頼者とその家族の状況を把握し、状況の変化には迅速に対応できるように心がける。 

といった点を特に心がけ、依頼者やその家族に寄り添っています。

スピリチュアルペインと向き合います

「スピリチュアルペイン」とは…

病、死、老化、試練 などが、なぜ自分の身に起こるのか?
その意味(理由)がわからない故に、人生の価値を見出せない苦痛のことを指しています。
これらの苦痛は、日々の生きる力を低下させるだけでなく、医療や様々な生活支援の働きの効率化を阻む要因にもなっています。

人は、生きていく上で様々な苦痛に出会うものですが、

  • 「身体的苦痛」
  • 「社会的苦痛」
  • 「精神的苦痛」
  • 「スピリチュアルペイン」
スピリチュアルペインの図

それら4つに分類されると言われています。

人は弱さを覚える時、様々な苦痛を覚える中に、この「スピリチュアルペイン」を誰もが抱くものです。

そして、この「スピリチュアルペイン」が存在する故に、身体的、社会的、精神的な苦痛が助長され、本人だけでなく、家族や友人など周囲の人々に弊害をもたらすことがあります。

この苦痛は、論理的、理性的な解決法はないものの、継続的な「傾聴」の働きにより、自己受容が進み、目に見える状況に変化がなくても、苦痛が軽減、解消していくことが多いと言われています。

より継続的な「傾聴」の働きを通して、依頼者と家族が抱える「スピリチュアルペイン」を共に担っています。
身体的にお元気な方、病を抱えておられる方、またエンディングに関わる悩みをお持ちの方、どのような方にも、それぞれの状況に合わせて寄り添わせていただきます。

必要に応じ、医療や介護の働きと連携し、善き隣人として大切な役割を担います。

ぜひ私たちの活動にご参加ください

善き隣人バンクスタッフ

参加方法はいろいろあります

1.寄附・支援で応援する

>寄附・支援について

2.ボランティア・スタッフとして参加する

>ボランティア・スタッフ参加について

3.SNSでの発信など伝える

>善き隣人バンクfacebookページを見る

>ブログ・広報誌を見る

4.その他

参加の方法はいろいろとあります。ご無理のない形でぜひご参加いただけたら嬉しいです。